よにんぐらし運営中

もうすぐ4人家族になるアラサーの日々のいろいろ

妊娠生活を振り返る 切迫早産の日々編

母子ともに特に問題なく、退院して一家揃って同じ市内にある義実家に里帰りしている。私の実家は距離があり、居るのは働いている母1人なので、頼りにくい。上の息子の時同様、義実家の好意に甘えている。

専業主婦の義母が全部家事をしてくれるので、昼間はニート生活だ。新生児娘の世話はあるが、寝ている間は何もしなくて良いし、ぐずっていても抱っこしておけばとりあえず泣かないので、割とマシだと思う。

息子は、日中は保育園に行っており、送迎も産前から引き続き夫と義母がしてくれている。帰宅してからは遊んだりご飯を食べさせたりはするが、見てくれる人が多いので、娘が泣いていれば、私はそちらの世話に専念できる。相変わらず息子のイヤイヤはひどいが、今のところは赤ちゃん返りはほとんどない。しょっちゅう遊びに来ている義実家なので、義父や義母も息子も慣れている。

というわけで、主に私ばかり楽をさせてもらっている里帰り生活である。流石に退院後1週間は体のダメージが残っており、横になっていないとしんどかったが、今となっては体もだいぶ回復したので、上げ膳下げ膳が申し訳ないくらいだ。自宅に帰ってからの、家事と平日の育児が全て私担当になるだろう生活が怖い。



時間のあるうちに、妊娠生活の振り返りの3回目、切迫早産の日々のことを書き記しておこうと思う。



切迫早産が発覚したのは妊娠8ヶ月。30週の定期検診のときであった。

妊娠中期からたまに腹が張ってるのは分かっていたが、痛みは伴わなかったし、仕事に集中している日中は、身体には意識があまりいかない。こんなものだろう、と気楽に考えていた。

検診の時も、看護師さんに「張りやすそうなお腹だ」「というか張ってる」と度々言われてはいたが、主治医からは特に何の指摘もなかった。まがりなりにも毎回内診を受けていたし、何かあれば流石に言われるだろうと思い、大きなトラブルはないんだろうと考えていた。

逆に、2週前の検診で逆子を宣告され、毎日就寝前に逆子体操に励んでいたくらいだ。

油断しきってきたので、健診の少し前に出産前の最後の旅行として、有馬温泉にも行っていた。事前に医師の許可は得ていたし、まさか切迫になるなんて思ってもいないから、アップダウンのある六甲山の牧場や有馬の温泉街を歩き回って観光した。家庭内では、これも切迫早産の要因だったのではないかという説もある。旅行に関しては楽しかったし、やはりもうしばらく旅行は行けないと思うので、後悔はしていないが、まあそうかもしれない。




そんな中での、急な切迫早産の診断である。

「逆子は治っているが、お腹の張りが強く、子宮頸管が短い(約3cm)。

張り止めのウテメリンを1日3回服用し、家でおとなしくしておくこと。仕事も診断書を出すので、休むように。」


寝耳に水の話だったが、なってしまったものは仕方がないし、仕事も家庭もなんとかするしかない。帰宅後に夫とこれからの生活を相談した。




仕事の方は、即日連絡を入れ、翌日は引き継ぎと残務整理、手続きのために出勤した。その次の日からは残っていた有休を消費して、予定より2週間ほど早く産休に入った。入れてしまっていたアポイントは上司に振って、担当していた仕事の引継を1日で終わらせた。職場もすぐに理解してくれたので、一応もらっていた診断書を出すまでもなかった。

うちの会社では、通常女性社員が産育休を取る際は、代替としてバイトを雇う。しかし、私の場合専門職ということで代替を取れず、人事異動でも補充はなかった。ただでさえ休むことで人数が減るので、せめて出来るだけ迷惑をかけない形で休みを迎えたかったのだが、きちんと仕事を終わらせられなかったのが心残りだ。落ち着いたら、職場に挨拶に行かないといけないが、非常に気が重い…。



家庭の方も、私が担当していた家事や育児をどうにかしなければならない。

とりあえず、息子の保育園の送迎が問題になった。

自宅から保育園までは1.5kmほどある。通勤経路なので、普段は車で送迎していた。ただ、うちの車はSUVなので、抱きおろしをしないと絶対に乗せ降ろしが出来ない。2歳イヤイヤ期の息子は素直に車に乗ってくれないことも多く、時には無理やり抑えて乗せる必要がある。


結局、私の時短勤務に合わせた8:30〜17:00だった息子の保育時間を8:00〜18:00に伸ばしてもらい、夫が基本的に送迎することになった。

また、息子に食事を食べさせる(椅子に座らせるのに抱き上げる必要があった)、風呂に入れる等、抱っこが伴うお世話はすべて夫の担当になった。また、私と息子→和室の布団、夫→寝室のダブルベッドであった寝る場所を交代し、寝かしつけも夫にしてもらうことにした。

私は、朝夕の食事の支度、食器洗い、洗濯等の最小限の家事のみの担当になった。買い物も、平日はネットスーパーと元々利用していた生協で賄った。



仕事が繁忙期の年に入った夫は、定時で仕事を切り上げて帰ってくること、今まであまりタッチしてこなかった平日の育児をすることが苦痛で仕方なかったらしく、だいぶ精神的に参っていた。

それでも、安静中の1ヶ月半、送り迎えも息子の世話もこなしてくれて助かった。休みの日も私もある程度は一緒に遊んだりしたが、外に連れ出してくれたり、家で1人で見てくれたり

と頑張ってくれた。



私はというと、家事をしない時間は、基本的にはベッドかソファの上で横になっていた。

夫が買って来てくれたクロスワードパズルの雑誌や、3DS、携帯でのネットサーフィンを暇潰しに使っていた。仕事に関する資格試験の本も買ったのだが、こちらはほとんど読まなかった…。

また、横になるとつい眠ってしまい、1日2時間くらいは昼寝してしまっていた。

それまでフルスロットルで動いていた身には違和感が凄かったが、ある種休息を与えてもらったのだと思い、ごろごろすることに専念した。


そうは言っても、横になっていなくてはいけない、というのは苦行でもあった。元々引きこもり体質なので、外出できないのはそこまで苦ではなかったが、それでも自分が家庭において何もできない、というのが辛かった。特に肉体的にも精神的にも疲弊していく夫が、折に触れていかに自分がしんどいかということを訴えてくるのが辛かった…。聞いても何もできない上に、罪悪感ばかりかられた。



産まれてしまうと行動が制約されるので、産前休暇は有意義に使おうと思っていたのだが、元々思い描いていたものとは大幅に違う結果となってしまった。

切迫早産になる前は、仕事や日々の生活のストレスの合間に、産休に入ったらやりたい事を夢想していた。

とりあえず美容院がすいている平日に髪を切りに行きたい。息子が産まれてから行きにくくなった、おしゃれっぽい飲食店にランチに行きたい。

このあたりの"夢"は、基本的に出来なかった。夫が平日の車を使うことになり、我が家の徒歩圏にはスーパーくらいしかないため、移動手段を持たない私には何もできなかったからだ。それでも、正産期に入ってからは、スーパーに併設したラーメン屋に1人で行ったりして、少し溜飲を下げた。

無事出産

その後、正産期を無事に過ごし、「これはたまに目にする『切迫だったのに予定日超過して誘発がいるコース』か…」と思っていたら、なんとか予定日翌日に娘を出産できた。3080gくらいのほどほどのサイズだった。

まだ「よにんぐらし」にはなっていないが、「よにんかぞく」にはなった。


時系列は前後しそうだが、妊娠中のこともまた振り返りながら記録しておきたい。

正産期に入った

無事に37週に入った。長かった。36w4dに行った検診でも推定体重2500gになり、とりあえずいつ産まれても大丈夫にはなった。長かった安静生活ともお別れだ。

ただ臨月でお腹も大きくなっているし、周囲の人は私が息子の世話をすることを不安視しているようで、これまで通り保育園の送迎は夫にお願いすることになった。車が使えない上、徒歩圏にはせいぜいスーパーくらいしかないので、基本的な生活はあまり変わらないかもしれない。

それでも、風呂に入れたり寝かしつけたりは、夫が定時で帰れない時は私がすることにした。今までは、残業時間を夫がある程度で切り上げて帰宅し、寝る前の世話をしてくれていたので、結局仕事が終わらせられていなかったらしい。まあ、出産したらまた暫く夫に頼まざるを得ないだろうけど。



出産準備もある程度目処がついたので、あとは産まれるまで特にやることはない。体力の衰えをかなり感じるので、出産に耐えうるか不安である。

産後は同市内の義実家に里帰りするので、産後の荷造り等をしておかないといけないが、時間はありそうなのでぼちぼちやろう。

妊娠生活を振り返る 仕事編

妊娠生活の振り返り、第2弾。今度は職場のこと。



一応共働きだ。そして、色々あって夫と同じ会社に勤めている。夫は総合職的な仕事だが、私は専門職で男性の多い部署で働いている。

ありがたいことに、そこそこの規模であり、福利厚生もしっかりしている。産休育休も3年までしっかりとれる。(その分お給料はささやかである…)

忙しさは部署や年にもよるが、自分が居たところは、繁忙期以外は定時〜19時くらいには帰れた。仕事も担当制なので、ある程度自分で忙しさの裁量が効いた。



入社当初はフルタイム勤務だったが、上の息子を出産し、昨年5月に復帰してからは時短勤務をしていた。そして、2人目が産まれることになったので、今年3月末から再び休んでいる。

本当は4月上旬から休む予定だったのだが、悲しいかな30週の検診で自宅安静指示が出てしまい、2週間ほど早く産休に入ることになった。

突然のことだったので、引継ぎも1日で無理矢理終わらせ、担当業務の後任が誰になるのかもわからないまま、微妙な出来の引継ぎ書を叩きつけて来たのだが、どうなったのかは怖くて聞けていない…。

産休に入って2回ほどは電話がかかってきたが、たいしたことは聞かれなかったので、なんとかしてくれたのだと信じたい。



仕事はざっくりというとインフラ系。外注作業の発注、管理が主な業務内容だ。産休に入る前は10人くらいの部署のメンバーで、女性は私だけだった。

そもそも、職種的に男性が多いこともあり、職場に女性専門職の先輩はとても少なかった。まして、自分の専門分野では私が初めての女性社員で、ロールモデルに出来る人が居ない。息子の妊娠中、復帰後、そして2人目妊娠後の仕事のやり方は常に手探りだった。




妊娠したら、一般的にはどのくらい仕事をセーブするものなのだろう?立ち仕事や接客の多い仕事は辞める方が多く、内勤の方は変わらず勤務するのが普通なのだろうか。

自分の仕事は、進捗の状況にも寄るがデスクワークが5〜7割、外回り3〜5割くらいの比率だった。外回りの内容も、工事現場での指示もあれば、調査もあるし、客先での打合せもある。


1人目の妊娠の際、特に具体的に上司と相談したわけではなかったのだが、「工事は担当させない」というのが暗黙の運用になったようだった。

それ以外の仕事は特に妊娠前と変わらずにやっていた。外回りも工事以外の調査や打合せ、訪問等は普通にこなしていた。その時はそのことに特に疑問を抱いたことはなかった。





今思えば、今回と前回の妊娠は、自分も、周りを取り巻く環境もかなり違った。


1人目の息子の妊娠は、産休開始予定のタイミング上、担当事業を年度の途中で誰かに渡さなければならないことが確定していた。

所属している係の人数もそれなりに充実しており、なおかつ家庭を持っている人が多かったので、配慮もしてもらいやすかった。現場が出てくることが確定している仕事は早めに引き継いでもらえたし、その他の引継ぎを見越して後任の担当者に打合せについて来てもらったりもできた。

自分自身も、普通にフルタイム勤務で、残業もしようと思えば普通に出来る環境だったので、仕事の進行にも余裕があった。

そして特にトラブルなく、予定通りのタイミングで産休に入れた。




2人目の今回は、そもそも時短勤務中である。息子が体調を崩して急に休む羽目になったりもするし、アポイントが時間外しかとれない等、よっぽどのことがないと残業もできない。(制度的には出来るが、息子の迎えを夫か義母に頼まないといけないので敷居が高い)常にギリギリで仕事を回している。

また、産休開始予定はちょうど期末直後になるタイミングで、担当業務を今期のノルマまでは自分で終わらせる必要があった。

ある種当然ではあるのだが、期末が近づくに連れて仕事も勿論忙しくなって行き、スケジュールもどんどん押して行った。妊娠後期になりどんどん動きづらくなる身体にはしんどいものがあった。


また、自分にとって辛かったのは係のメンバー構成がかなり変わっていたことだった。

メンバーの数も減り、経験が少ない人が増えた。私だけでなく、そもそも係に人的余裕がない。みんないっぱいいっぱいで仕事している。

そして家庭持ちは自分と係長だけ。

勿論独身の人にも妊娠したこと、つわりや検診で仕事を休むことに露骨な嫌な顔はされなかったから、そういうマタハラを受けるよりはマシなことは分かっている。それでも、やはり家庭がある人と独身の人では、家庭や体調に対する理解度が違う。

ただでさえ自分は時短勤務をしており、他の人より早く帰っている引け目がある。自分から「しんどいし、誰も分からなくなると困るので、自分の仕事を一緒に担当して下さい」とは言いづらく、結局、仕事のやり方は妊娠前後でほとんど変えられなかった。


つわりの中、ビラを持って挨拶回りに行くのがしんどかった。妊娠後期に遠方の客先に1人で1時間運転して向かいながら、もし今体調が急変したらどうしようと思っていた。

あまり深くは触れられないが、人間関係も地味に辛かった…。全員と仲良くなれるわけでないことは重々承知だが、余裕がない中で合わない人と仕事するのは応えた。



そして、最終的には切迫早産になってしまった。




仕事の上では、その時は身体的に無理をしすぎたつもりはなかったが、少なくとも色んなことの細かい積み重ねは、ストレスになっていたんだと思う。

腹も出にくい体質で、妊娠後期に入ってからも一見妊婦だと気づいてもらえないことが多かった。多分職場でももう少し妊婦っぽい体型になっていたら、色々配慮してもらいやすかった気がする。



少しずつ女性の専門職の後輩も増えて来たので、今後私以降に妊娠しながら仕事をする人も出てくるのだろう。その時は頑張りすぎるな、とアドバイスしたい。あと、1人目と2人目はびっくりするくらい難易度が違うから、気をつけろと言いたい。

でも、2人目の復職後も無理して色々回してしまうんだろうなあ。

10カ月突入

ほとんど外出しないGWを過ごし、36週を無事に迎えた。あとは37週と体重2500gの壁を乗り越えれば早産的リスクはゼロに。長い1ヶ月半だったことよ…。

ここ数日でいうと、あまりやばい!という張りはなく、逆に減っていた胎動が増えて来ているような。ただ、たまに肛門や腟奥に痛みや衝撃が走ることがあり、ドキドキする。



37週以降の生活をどうするか、まだ夫と詰め切れていない。夫ははっきりとは言わないが、保育園の送迎はこのまま夫が産後までする形になるんだろうか。運転や抱っこは腹もでかくなってるのでやりにくくはあるが、切迫リスクがなくなれば最悪してもいいのでは、と思っているのだが、どうなんだろう。結局夫が残業できないのが、家庭不和を招いている大きな要因な気がするので、送迎を続けるなら、あまり安静解除の意味はないような。



GWは前述どおりどこにも行けなかったが、実母が遊びに来たり、義実家や義姉一家と食事に行ったりし、久々に夫と息子以外の人と話して少しストレスの緩和にはなった。


出産に対し、あまり前向きな気持ちになれていない。夫も楽しみな様子を見せず、終始疲れたとか先が見えないとか、そんなことばかり言う。あまり家族が楽しみにしてくれないのに

、それでも痛い思いをして産んだり、育てたりするのは自分なのがますます気持ちを落ち込ませる。もう少し優しくしてほしい。

34w2d 定期検診

胎児は下がってきてるが、とりあえず子宮頸管もセーフで、もう2週間安静とウテメリン継続になった。それが終われば服用は終了し、安静も少し大人しめに過ごす程度にしてよいとのこと。まあでも、生産期までは持たせたいとは言われた。そりゃそうだ。

「子宮頸管短くなってるね、でも、3cmはあるからマシな方かな」と医師に言われたが、一月前も3cmと言われたような気がするのだが…相変わらずもの言いが適当な医師だ。

エコーでの推定体重も2300g位になり、2000gはとりあえず越えた。36週の検診では2500gを越えて欲しいところ。



GWも当然遠出はできないのだが、母が何日かくるつもりのようなので、出産準備や家の片付けを手伝ってもらうつもりである。あと義実家メンバーで焼肉に誘われたので、体調に問題がなければ参加する予定。焼肉で出産誘発しないといいけど、まあ大丈夫だろう。



一応最終的なゴールが見えてきて、最悪出産になってもリスクがだいぶ減ったので気持ちはだいぶ楽になった。

夫は本気かどうかわからないが、早く産まれた方がいいとこぼすようになった。

妊娠生活を振り返る 家庭編その1

34週に無事突入。

夫の腰と精神が限界のようで、育児ノイローゼっぽくなっている…。ここ1ヶ月育児がほぼ全て夫の担当になってるので、そりゃキツかろうとは思う。

臨月近くなって来たら息子の世話はしにくくなるとは思っていたけど、まさか切迫になるとは思っていなかったので、今まで通り私がメインの育児でなんとかやれるだろうと、対応を真剣に考えていなかった。甘かった。



先週の母親学級で一緒になった方が、「仕事を辞めて里帰りして来て、ようやくマタニティライフを楽しんでいる」と自己紹介していて、衝撃を受けた。人それぞれ色々あるんだろうけど、マタニティライフという語感のハッピーさが羨ましかった。

初産だと言っていたし、里帰りで友達と会ったりして楽しんでいるのだろう。私も確かに息子の時の1人目の妊娠生活は、自由だしトラブルもなかったので、やりたいことを色々できた。



それに比べて2人目の妊娠生活は、仕事面でも家庭面でも、しんどい毎日ではあった。

勿論、休日家族で遊びに行ったり買い物したりと娯楽もあったし、それなりに子供との生活を楽しみもしていたけど、なんと言うか、日々本当に「生活」を回していくのが精一杯で、余裕がなかった。

仕事もモヤモヤとしながらだったし、あまり妊婦扱いされなかったので、どっちかというと自分でも妊婦であることを忘れているような感じだった。


まだ妊娠生活は終わっていないけど、辛いことはきっとすぐ忘れてしまうので、今までの経過をなんとなく振り返っておく。

まずは、家庭の状況のこと。



息子を保育園の1歳クラスに放り込み、昨年5月に育休から職場復帰して、第2子の妊娠が分かったのが10月。いつかは2人目が欲しいとは思っていたが、我々夫婦には正直想定外のタイミングであった。

上の息子とは2歳半3学年差となり、自分も夫もアラサー世代なので、一般的にはそんなにおかしくないタイミングではあると思う。

ただ、私自身としては息子の保育園の病気ラッシュがひと段落し、仕事と家庭の両立生活が半年でようやく様になってきたかなという感じだったので、次の家族計画は、とりあえずもう半年くらい働いてからかな、と考えていた。多分、夫もそんな感じだったのではないだろうか。




時短勤務だったので、復帰後の平日の家事分担は基本的に全て私担当だった。食事と食洗機での洗い物、洗濯。夫の担当は、休日の掃除と、ゴミ捨て。

育児は一応2人でやっていたが、通勤手段の関係上(私→車、夫→自転車)保育園の送迎も私。平日夕飯を食べさせるのも私。

夫は忙しければフツーに残業してくるので、平日遅くなれば、その分私にしわ寄せがきた。




妊娠が分かってからも、基本的な家事、育児分担は変えなかった。

妊娠2〜3ヶ月の頃はつわりで仕事もかなり休んだし、その頃は食事を夫に買ってきてもらったり、休日息子を連れ出してもらって、1人家で横になったりしていたが、落ち着いてきてからは、ほぼほぼ前の通りの生活スタイルになっていた。

朝に夕飯の準備をしておく、張る腹を宥めながら夜洗濯物を干す。台所に突進したり、膝の上に座ってくる息子をやり過ごしながら、食器を食洗機に入れる。そういう努力で毎日は成り立っていた。

家事をそこまで苦痛だとは感じていなかったが、仕事と育児をしながら、と言うのはきつかった。そこに、妊婦で体力低下し、頭痛等の地味なマイナートラブルも加算され、体力的にはやはり無理はしていたのだと思う。





育児面もしんどかった。

助産師さんからは、「流産や早産に繋がるので、上の子を抱っこしてはいけない」と言われていたが、食事の際にベビーチェアに乗せたり、湯船に入れたり、車に乗せたりと、日常で抱っこが必要な場面なんてごまんとある。全くしないわけにもいかず、なし崩しになっていた。


そして、息子は2歳になった頃からイヤイヤ期に突入して、折に触れてぐずるようになった。成長なので仕方ないのだが、手を焼いた。(というか、今も夫がエスカレートしたイヤイヤに手を焼いている)

食事や風呂の世話は宥めすかしたり、落ち着くまで待つことも出来るが、保育園の送迎は時間が決まっているから、バタバタした朝にいつまでも待てない。最後は暴れる息子を抱えて車に乗せ、チャイルドシートに抑え込んで乗せるしかない。腹が張ろうが関係ない。乗せないと、仕事に行けないのだ。

保育園で預かってくれているから、平日日中の世話はないものの、休みの日も体力が有り余っている2歳児を全く連れ出さないわけにもいかない。その面では夫がだいぶ活躍はしてくれたが、出かけて歩き回る機会はやはり一人目の時よりは格段に多かったと思う。




切迫早産になってしまったものは仕方ないし、だったらどういう対応がとれたのかと自問自答しても、多分何もできなかったとしか回答が出ない。強いて言えば、もう少し家事を夫や義実家に頼むか、抱っこに頼らずに息子をコントロールできるように育児や生活スタイルを工夫すべきだったのかなあ…?しかしイヤイヤ期の2歳児に毎日疲れ果てていて、とてもそんな振る舞いはできなかった。





振り返っていたら悲しくなってきたので、家庭の振り返りはこのあたりで一旦止めたい。安静生活中の今、夫がほとんどの育児を担当してくれていることに感謝しているし。

本当は、今自分がやってる平日の育児ノルマは私が孕みながらやってたことだということ、何か感じてほしいんだけどな。

でも、奴はそういうキャラじゃないかな。